• カルテと聴診器
  • Noimage
前の画像へ
次の画像へ
細菌

性感染症の原因菌のひとつであるクラミジアは、クラミジア・トラコマチスと言う真正細菌です。

繁殖するスピードが遅いため培養して検査することが困難とされています。
繁殖スピードは遅いわりに感染力が強いため感染者との交わりがあった場合には高い確率で感染していると思った方がいいでしょう。

原因菌が粘膜に居ついてからの潜伏期間が1週間から3週間程度と言われています。
クラミジア感染で最も怖いのが自覚症状がないことが多いということです。
症状に気がつくことなく過ごすことがほとんどだと思います。
そのため感染が拡大することになります。

初期には男性の場合は尿道に、女性の場合は子宮頸管に感染します。
感染した部位は違和感やかゆみを伴うため、最初に感じる症状は性器の違和感やかゆみということになります。
尿道から透明な粘液が出てくることもあります。
女性の場合は、普段よりもおりものが多いと感じるかもしれません。
これらの症状は顕著なものではないためクラミジアの感染を自覚するまでには至らないことがほとんどです。

のどに感染する咽喉クラミジアの場合は、のどの奥に違和感を感じたり、空咳が出ることがあります。
初期症状では風邪と勘違いするため感染を疑うことはまずないと言えます。

症状による発見ではなく、性交の記憶から疑わしい状況を考えて検査をすることが重要です。
検査以外で感染を知ることはまずありません。
医療機関に受診するか、検査キットを取り寄せて自分で行うかのどちらかです。

治療方法としては抗生物質の服用になります。
原因菌が死滅すれば完治となります。
抗生物質の中でも有効なミノサイクリンを使用すると良いでしょう。

ただし菌保有者と再度性交渉をすることで感染を繰り返すおそれがあります。
性交を行う対象者が感染しているおそれがある場合には、コンドームをつけてキスをしないなどの注意が必要です。

そもそもクラミジア感染の原因は?

細菌は自然界に存在しているもので、水道が整備されていないような地域では水を介して感染します。
粘液に存在するため、最も多い感染は目になります。
目の粘液によって感染し、結膜炎の原因になりました。

日本では水道環境の整備が進み、水道水の質が向上したためクラミジアを原因とする感染は減少しました。
その代わり増加の一途をたどったのが性感染症としてのクラミジアです。

人の体には粘液がいろいろな部位で存在します。
体表で確認できるのは目ですが体内にはあらゆるところに粘膜として臓器の表面を覆っています。

クラミジアはその粘液を媒介して感染します。
特にクラミジアの感染経路のほとんどが性行為によるものです。
性行為は粘膜が交わるため感染しやすい状況です。

異性同士の場合は性器間で粘液が交換されます。
同性の場合でアナルセックスをするような場合では性器から直腸の粘膜への感染のおそれもあります。
オーラルセックスをすることで性器から喉の粘膜への感染も考えられます。

飛沫感染や空気感染の恐れはありません。
また、感染者が触ったものや同じものを食べるような間接的な感染も考えられません。
お風呂などを介して感染することは基本的にはありませんので大衆浴場の使用も問題ありません。
直接粘液が混ざるような状況でなければ感染するおそれはないと考えて問題ありません。

直接接触させないためにコンドームを使って接触を遮断する方法もあります。
かなりの確率で感染を防ぐことはできますが、のどなどの感染も疑われるのでキスやオーラルセックスも避ける必要があります。
感染の原因が限られるため、感染源を特定することは簡単ですが、ただし不特定多数と関係を持つようなことは感染のリスクが上昇するので避けるべきです。

クラミジアの治療薬は病院と通販どちらが安い?

近年、多くの男性や女性の間で性行為による性感染症でクリニックに来院される方が増えています。
クラミジアは感染してからおよそ1週間から10日程度で性器に違和感を感じるようになり、病院で検査を受けて判断をして貰うか、または専用のキットで自宅で検査をする事が必要になります。
クラミジアに感染している場合は自然治癒は出来ないのでジスロマックといった抗生物質などの治療薬で治して行くことが一般的です。
自然治癒しない性病は他にもありますが、たとえ自然治癒できるとしても治療薬の服用をお勧めします。
性器ヘルペスなどの性病は症状の悪化により別の病気を併発させる恐れがあるからです。

治療薬は病院で処方してもらう場合とまたはインターネットが普及している現在は通信販売でも手軽に購入ができるようになっています。
病院で処方してもらう場合と通信販売で購入するのはどちらが安いかと考える方もいらっしゃいますが、価格で比較すると通信販売の方が若干ですが安い傾向にあります。
また、より安く購入したい場合はジェネリックのアジーを通販するといいでしょう。
しかし、クラミジアを治す為の抗生物質であるか、本物の治療薬であるか不安に感じる方も多くいらっしゃると感じます。
病院で処方してもらう場合でも保険が適用になる治療薬になるため、安心して購入したい場合は病院で治療薬を手に入れることが望ましいです。
インターネットではクラビットなどの治療薬が安価で手に入れられる事や病院に行く手間が省けるなど様々なメリットが挙げられます。
またしっかり検査を受けて医師と治療について相談をしながら適切な治療薬をもらう方法も適切といえます。

このように、治療法はさまざまですが今後も性感染症にかからないように適切な行為を行うことが大切です。
性感染症を繰り返すと体に大きな負担をかけることも十分に考えられますので、感染をした場合はしっかりした検査と治療を進めていくことが重要になると考えられます。